A. Poglia & Irmao was a family-owned hardware store founded by Max Poglia's grandfather in 1937. After operating for over 50 years, it closed when Poglia was a boy... but not before it left a lasting impression. The place had an old-soul, with as much history as there was stuff.  It was the simple details that stuck with Max; the festive red and yellow tiles that paved the store floor, the giant glass display cases that overflowed with tools, knives and other oddities, and the sight of his grandfather, pencil in-hand, crunching numbers behind the counter.  

Later, when Poglia first moved to the US, he found comfort in the similar timeless aura of "old-New York," the handful of restaurants, hidden late-night spots and city landmarks that embody the city's old-spirit and evoke memories of simpler days. The memories of A. Poglia & Irmao and Max's affinity for Old NY now serve as the inspiration and framework for the Poglia brand.

 

 

A. Poglia & Irmao とは1937年にマックス・ポギーラの祖父によって運営されていた家族経営の金物店である。50年経営したのち、ポギーラが少年だった頃、閉店した。しかし幼いながらも、その店の印象は今でも強く残っている。その場所には、物がそこにあったというたくさんの歴史を感じさせる魂があった。その店のシンプルなディテールが彼の頭から離れない。華やかな赤と黄色のタイルが敷き詰められた店内、そこにあった大きなガラスのディスプレイ・ケースにはナイフや工具などが溢れかえり、カウンター越しでは、祖父が鉛筆を片手に何やら複雑そうな計算をしていた。

その後、ポギーラが初めてアメリカに渡った時、ニューヨークにあるいくつかのレストランや隠れナイトスポット、街のランドマークなど、かつてのシンプルだった日常を喚起させる ”old-New York” に心地よさを見つける。ポギーラの A. Poglia & Irmao の記憶と old-New York に対する親しみは、Pogliaブランドの構想とインスピレーションとなり、今日に至る。