by Matthew Pandolfe  

by Matthew Pandolfe  

To designer Max Poglia, Brazil and Italy aren't simply travel
destinations. They're home. Native to southern Brazil and raised with
Italian heritage, Poglia has a unique perspective from which he
draws inspiration.  His “ruggedly handsome” products embody old-world
traditions and symbolize, as the NYTimes Style Magazine stated, “a
throwback to simpler days for the modern man.”

Poglia’s adventure began when he moved from Milan to New York City.
With the principle of ethics + aesthetics in mind, he started to
explore age-old craftsmanship and ancient materials. When on vacation
in the South of Brazil, he was motivated to craft a sort of
picnic-themed traveler’s pack to incorporate in his NYC lifestyle.

In 2011, he introduced his first pieces at Buvette, an acclaimed
restaurant with locations in New York and Paris. He also designed the
restaurant's visual identity in collaboration with Chef/owner Jody
Williams.  In 2013, Poglia produced a collection exclusively for
BedfordPost, a charming inn with two restaurants owned by Richard
Gere.

Recognizing the high demand for his products, he founded Poglia, a
lifestyle brand based in Brooklyn that specializes in handcrafting
knives, leather bags and loom-woven blankets.

No two Poglia products are the same.  They are designed in New York
and handmade in the Poglia workshop in the South of Brazil.

Since then, Poglia has launched a collaborations with Old Joe Japan
and MadeWorn.  He's also received praise from various publications
internationally, most notably the NYTimes Style Magazine, Harper's
Bazaar, Conde Nast Traveler and Clutch Magazine Japan.

Today, Poglia operates from The Space NYC, a storefront, workshop & highly-curated showroom + exhibition space located in Brooklyn, NY, which he founded with Italian-partners Helio Ascari and Alessandro Squarzi. Poglia products are sold in select stores internationally, from New York City to Tokyo .
 

 

 

 

デザイナーのマックス・ポギーラにとって、ブラジルとイタリアはただの旅の地ではない。故郷である。ブラジルの南部でイタリア系として育った背景から、彼はユニークな視点でインスピレーションを引き出す。彼の「ラギッドハンサム」製品は古い時代の伝統を象徴し、The NYTimes Style Magazineはそれを「現代人のためのシンプルな日常への回帰」と評する。

彼の構想は、ミラノからニューヨークに渡ったとき始まった。倫理+美学の原理を胸に、昔ながらの職人の技と古代の材料を探索し始める。ブラジル南部を旅している中、彼のNYCのライフスタイルに組み込める、ピクニックをテーマにした旅行用バッグのようなものを作りたいと思い始める。

2011年、ポギーラはニューヨークとパリに拠点を持つレストランBuvetteにて、最初の作品のデビューを果たす。またそのレストランの内装も、シェフ兼オーナーであるジョディ・ウィリアムズとのコラボレーションでデザインする。2013年には、アメリカの俳優リチャード・ギアが所有する、レストランが2つ入っているハイセンスな宿舎、Bedford Postのためだけに、コレクションを制作する。

自らの製品に高い需要を感じたポギーラは、ハンドクラフトのナイフ、レザーバッグ、織りのブランケットに特化したライフスタイルブランド、Pogliaをブルックリンを拠点に設立する。

Poglia製品で2つとして同じものはない。ニューヨークでデザインされ、ブラジル南部にあるPogliaの製作所で手作りされる。

その後、Pogliaは Old Joe JapanやMadeWornとのコラボレーションを試み始める。またPogliaはThe NYTimes Style MagazineやHarper's Bazaar、Conde Nast Traveler 、Clutch Magazine Japanなど世界中の様々な雑誌やウェブマガジンで絶賛されている。

今日、Pogliaの製品は、セレクトショップに置かれ、また数量限定で海外へも出荷をしている。また、地元ニューヨークのブランドとのコラボレーションはもちろんの事、国際的には、Pitti Uomo Firenzeのショーケースのための作品をアレッサンドロ・スクアルツィとのコラボレーションで製作している。